聴こえのしくみ

聴こえのしくみ

図1
聴こえのしくみ
図2
聴力低下の平均図
↑図はクリックすると大きくなります
 

 
難聴は大きく3つのタイプに分けられます図1参照

伝音性難聴「音を伝えるところ」の障害
中耳炎等で鼓膜に穴があいたり、耳小骨(鼓膜と内耳をつなぐ小さな骨)の動きが悪くなるなど、音を内耳に伝える外耳および、中耳の部分に障害が生じる為に起こる難聴です。音が伝わりにくくなっただけなので、補聴器で音を増幅して伝えれば、比較的よく聴こえるようになります。

感音性難聴「音を感じるところ」の障害
中耳からの音の振動を電気信号に変換する内耳、その信号を脳の中枢に伝える聴神経あるいは、脳に生じた障害のために起こる難聴です。加齢による難聴も感音性難聴の一種です(*)。内耳、聴神経、脳は届いた音を分析し、脳と共同で「聴きたい音」や「聴きたくない音」など意思を含めた処理が行われます。これらの機能の障害による難聴は、音を増幅して伝えるだけではうまく聴こえませんので、補聴器も音質や音の出し方を細かく調整しなくてはなりません。

混合性難聴「音を伝えるところと感じるところ」の障害
伝音性難聴と感音性難聴の両方の原因をもつ難聴です。
 

 
(*)加齢による難聴 図2参照
人は誰でも加齢とともに聴力が衰え高い音から徐々に聴こえにくくなり、周囲に雑音があると、さらにことばの聴きとりに支障を生じます。
聴力低下の度合いと発生時期は人によって異なります。図2(オージオグラム)は、4つの年齢層で起こる聴力低下を平均で表したものです。
縦軸は音の大きさ、横軸は音の周波数を表し、そこに当てはまる代表的な音をイラストで示しました。アルファベットが書かれた灰色の部分は、人が話す声の周波数範囲です。この範囲が聞こえなくなると、会話を理解することが難しくなります。

聴こえのチェック